しわたるみドットコム まぶたのタルミ取り

まぶたのタルミ取り

下まぶたのタルミ取り(アイリフト、ブレファロ)

上下まぶたのタルミ取り(アイリフト、ブレファロ)です。

 

上まぶたタルミ取り

上まぶたタルミ取り手術図

上まぶたタルミ取り手術図


若い頃、すっきりとしていた目元も加齢とともにたるみが生じ、
まぶたの皮膚が目の上に覆い被さってきて、どんよりと重い感じの目元になってきます。
このような方は、上まぶたのタルミ取りの手術がよい適応となります。
手術方法は、二重まぶたのライン上を切開し、たるんだ部分を切り取ります。
傷跡は残ります。

メリット
傷跡が二重の線やしわに紛れて目立ちづらい
デメリット
切開範囲が広いためダウンタイムが長い
元に戻すことが難しい

 


 
 

下まぶたタルミ取り

ハムラ法

下まぶた皮膚切開たるみ取り(目の下のクマたるみ除去+脂肪取り)

30才、40才と年をとるにしたがって、目の下のタルミやクマが気になることは多いものです。
特に疲れた時などクマのせいで余計に疲れてみえてしまいます。
 
眼球は頭蓋骨の中で眼窩脂肪という大きな粒の脂肪によって囲まれています。
年とともにこの眼窩脂肪がずり下がって、下まぶたにヘルニアを起こしますと、目の下のクマとなります。
 
手術法はハムラ法です。
下まぶたの睫毛ギリギリを切開し、余分な脂肪とたるんだ皮膚を切り取ります。
 
 

 

 
料金表

目の下の脂肪除去(下眼瞼脱脂)

下まぶた結膜脂肪取り(目の下のクマたるみ除去・皮膚無切開)

下まぶたの裏側の結膜を切開し、ヘルニアをおこした脂肪を取る手術です。
目の下のダークスポットを取り去る治療です。下まぶたの裏側は縫合しませんので抜糸の必要がありません。
顔の皮膚に傷跡が残らないのが長所です。黒ずんでいた影がなくなり、明るく若々しい目元になります。
施術後3~4日は腫れぼったく感じますが、人に気がつかれずに治療が受けられるのが人気です。
ただし鬱血や色素沈着によるクマには直接的効果がありませんが、間接的な改善がみられますので積極的に行う傾向にあります。
 
レーザーによる目の下の脂肪除去手術

目の下の脂肪除去手術です。
 
 
 

 

 
料金表